Wand of Fortune R2 FD ~Kimi ni Sasageru Epilogue~ (Vita) Trophies

Full list of all 35 Wand of Fortune R2 FD ~Kimi ni Sasageru Epilogue~ trophies - 19 bronze, 10 silver, 5 gold and 1 platinum.

Filter
  • おたわむれ

    初めてベルと遊んだ。ヒマだからもっといっぱいかまってちょ!

  • 家族のメロディ

    ユリウスと結婚。幸せな未来は、家族や友人、今日まで見守ってくれた人みんなと分かち合うもの。

  • 帰りたい場所

    ノエルと結婚。帰る場所を見つけた彼は、もう幸福を恐れはしない。ずっと傍で、支えていく。

  • 果てなき願い

    ビラールと結婚。願いを叶えたその先で更なる願いが生まれる。愛もまた、受け継がれていく。

  • 暖かな守護

    ラギと結婚。種族を越えた愛は、暖かな絆たちに守られ、日々の幸せを積み重ねていく。

  • 咲き誇る愛の証

    アルバロと結婚。2人を結ぶのは、命よりも深く鮮やかな愛。永遠に枯れない恋の花。

  • やさしい呪い

    エストと結婚。少しだけ甘える方法を知った彼がくれたのは、一生解けない呪いの証。

  • 君がくれた奇跡

    ソロと結婚。まだ見ぬ終わりを数えるのではなく、未来を信じて歩み続ける。この奇跡と共に。

  • 特等席で、君と

    最高の魔法を2人だけの特等席で。ユリウスとの思い出には、いつも素敵な魔法が共にある。

  • 我慢はほどほどに

    綺麗でいたい乙女心をノエルはちゃんとわかってくれる。紳士な彼のエスコートにうっとり。

  • 素足のシンデレラ

    本物の王子様の圧倒的存在感。ビラールの腕の中でなら、いつでもお姫様になれる。

  • 限界までサービス

    照れ屋な彼が見せてくれた男気にキュン! やっぱりラギってかっこいいのよ!

  • 今夜だけは王子様で

    意地悪なアルバロも嫌いじゃないけど、今夜だけはとびきり甘く囁いて。ねえ、お願い?

  • 将来有望な王子様

    不本意そうなエストは知らない。今だって彼は私の最高の王子様だということを!

  • ソラの名前

    確かに触れたはずなのに、幻のように消えてしまった人。いつか形を変えて出会う日を待ってる。

  • 先生はお休み!

    エルバート先生は最高の先生だけど、今夜は私だけの王子様でいてください。

  • お姫様とお姫様

    大好きなアミィと最高の思い出作り。当分王子様はいりません!

  • こっそり、ないしょ!

    ちいさな私の大冒険。まだまだ遊び足りないの!

  • ユリウスマニア

    「……俺、君と一緒だとこんな顔してるんだ。なんかちょっと照れるよねこれ」

  • ノエルマニア

    「その、あまり見ないでくれないか……。その角度の僕はイケてないと評判なんだ!」

  • ビラールマニア

    「また懐かしいものを。後で私のアルバムも見せてやろう。リアン責任編集のとっておきだ」

  • ラギマニア

    「まーた見てんのか。……どうせならここにいる本物のオレを見とけっての」

  • アルバロマニア

    「そんな熱く見つめちゃうほどいい男かな、俺? ……うん、知ってたけど」

  • エストマニア

    「……肖像権の侵害ですよ、あまり見ていると消える魔法をかけておきますからね」

  • ソロ・モーンマニア

    「あ、僕がいっぱい。ねえ、僕も君の姿を残しておきたいな。……ほら、笑って?」

  • 病める時も健やかなる時も

    たとえ誰を選んだとしても、きっと幸せになれる。そう信じています。

  • ドレスアップ

    500年目の大舞踏会。大好きなみんなと踊れて本当に楽しかった!

  • ちいさくても元気!

    隅から隅まで冒険完了! お昼寝したらまた遊ぼうっと♪

  • 皆勤賞

    スコアカードコンプ! 全部のマークが揃ってるとなんとなく気持ちいい。

  • 思い出ひとりじめ

    あんなことも、こんなことも、笑って泣いて愛したことも全部、このアルバムに詰まってる。

  • 魔法のポケット

    なんでも入るポッケは便利。今日も洗濯をするお母さんが悲鳴をあげています。

  • スクープ!!

    エドガー責任編集Mils Crea Times DX全記事がオープン。またスクープが見つかったらよろしく!

  • 夢か、うつつか

    幸せなひとときをみんなで。時空の狭間の片隅には、ありえない未来もきっとある。